がん検診を怖がらないために知ってほしいこと

がんを見つけるために有効的ながん検診ですが、欧米に比べると受診率が低いのが日本の現状です。

がんによる死亡率を下げることができる検診になりますが、検診を受けない人が多いためがんによる死亡数が増加傾向にあるのが日本です。

特に女性特有のがんである乳がんや子宮頸がんの検診率は欧米では7割から8割と言われているのに対して、日本は4割程度と言われています。
国によるアピールが低いことも受診率低下の原因でもありますが、受ける側が怖いという感情から受診しないというケースも多いです。

がん検診について知りたいならこのサイトが参考になります。

特にがんは怖い病気であると知られていますので、その傾向が強くなります。

まずがんは、早期発見、早期治療をすることでまったく恐れる必要がない病気だと認識することが大切です。

その上で受診することをおすすめします。

まずがん検診で要検査と結果が出ても、あくまでももっと詳しく調べた方が良いというだけであり、がんであると断定されるわけではありません。

要検査はちょっとしたことでも検査に引っ掛かることが多く、この理由としてがんである可能性を炙り出している検査になります。



グレーに近いものは別けるといった名目の検査です。

また要検査になったけれど、精密検査を受けて何にも異常は見つからなかったということも多いです。



がんの可能性を炙り出す検査になりますので、恐れないで自分の体のためと思い受ける姿勢が大切です。

がん検診を怖がらず積極的に受けるようにしましょう。